心配性の人の6個の特徴と改善方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事中、ミスが怖くて何度も何度も同じことを確認してしまう…家に帰ってからもミスしてないか気になり安らぐことができない。

そんな経験はありませんか?

心配性や考えすぎてしまう傾向がある人は、そのモヤモヤを常に抱えながら生きているので心が休まる時間がありません。

私もそうです、まだ起こっていない出来事に対して常にビビりまくりです。

なので今回は心配性についての自分なりの解釈と改善方法をまとめたので、ぜひ最後まで読んでくれたら嬉しいです。



スポンサーリンク

心配性の人の特徴

一体どんな人が心配性と言われるのか?
特徴をまとめてみました。

  • 些細なことが気になり、相手に何度も確認してしまう
  • 様々な事柄を危惧して荷物が多くなりがち
  • 起こっていない出来事に対して強い不安を感じる
  • 常に周囲を気にしている
  • ネガティブ思考になりやすい
  • 一度考え始めると、考えが止まらなくなる

6個書きだしてみましたが、これはもう…呼吸をして生きているだけで疲れ切ってしまいますね。

私の場合は仕事中、些細なことが気になってミスしないようにめっちゃ気を付けるんですよ。

だけどその些細なミスに気を取られてそれよりも大きなミスをしてしまい自己嫌悪に陥るサイクルを繰り返しています。

あれ、ここは地獄かな…?

あとは常にこうなったら嫌だなぁ…ということを考えて、そうなってしまっても大丈夫なように対策を考えて、準備しておいたり。

具体的に言うと出勤すると毎朝の朝礼で、自分の考えみたいなのを発表しなきゃいけないんですけど、当てられた時のために考えのストックをいくつか用意しておきます。

これをやると周りは「真面目だね~!私なんか当てられた時に考えてるよw」とか言われるんですが、できるなら私もそうなりたいよ…!

でもなんだろう、その場しのぎの発表でしどろもどろになって白けた空気になったらどうしよう、上司に呆れられたらどうしよう…とか考えてしまうんだよなー!

結局は自分をよく見せたいという欲求の塊だから、こういう思考になってしまうのだろうか。

誰にどう思われてもいいから我が道を行くぜスタイルの人になりたいのに、私の自信や自尊心はいまだに行方不明になりがちです。



改善方法

それじゃあ心配性は治す術はないのか、いやいやそんなことはありません。

私なりの改善方法をお伝えしたいと思います。

成功した時のイメージをする

常に失敗したらどうしよう…と考えがちなので、たまには成功したらこうなるな!こうなったらいいな!というプラスのイメージをするといいです。

そうすると、その物事に取り組む時の気持ちも明るくなれるし、心が軽くなると思います。


笑顔を心掛ける

何かで読んだんですが、面白くなくても笑顔を心掛けることで、脳が勘違いしてセロトニンを分泌するそうです。

セロトニンとは心を安定させる物質。

なので誰かと話をするときは口角を上げることをイメージしてください。

更に笑顔でいると、相手にも自然と笑顔が移ります。

そうすると気持ちよく会話ができて、不安な感情が減ります。

よくムスっとしながら話す人がいるじゃないですか。

そうすると、この人不機嫌なのかな…?なんていらない心配をしなきゃいけないじゃないですか。

ただでさえ他のことでも色々心配しているのに、ここでも相手の表情一つで心配要素が増えるわけですよ。

全くもって腹が立ちますよね!

怒りで赤文字にしてしまいましたよ。

やっぱりね、私は自分のせいでだれかにそんな感情を抱かせたくはないわけですよ。

自分の表情一つで相手の感情を変化させることができるわけですよ。

そうなると断然笑顔でいてほしいですね。

自分の精神衛生面も考えて、笑顔を心掛けることはとっても大切です。



心配性でも良い面がある

心配性って、悪い面ばかり捉えがちですが、実は良い面もたくさんあるんです。

箇条書きでお伝えしますね。

  • 状況判断が得意なので空気が読める
  • 相手の気持ちを理解することができる
  • 慎重なので仕事のミスが少ない
  • 責任感があり、真面目
  • 計画性がある
  • 問題解決能力が高い

心配性の人は仕事面においても成功する人が多いようです。

慎重だから仕事が丁寧で、相手からの信頼を得やすいようですね。

あとは一歩前に出る、チャレンジしてみる精神を養えば人生はより良くなると思います。

私もブログを始めたり、ゆっくりではありますが自分のやってみたい!にチャレンジするようになったので、心が豊かな人生になれると…信じている…!



終わりに

いかがでしたか、今回は心配性について記事をまとめてみました。

これを読んでくれている人の心が少しでも軽くなることを祈っています。

もうね、どんな人でも最期は必ず死んでしまうので限られた時間をできるだけハッピーな気持ちで過ごしたいですよね!

そのためにはどうしたらいいのか、これからも模索していきます。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

メンタル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
yamaokaをフォローする
ポーキンライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました