ブスでも生きられる!喪女系漫画のオススメ3選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、山岡とシャケです。

現代では随分と浸透してきた喪女、という言葉を皆さんご存知でしょうか?

喪女と呼ばれる定義は
交際経験が皆無
告白されたことが無い
純潔である(処女)
恋愛感情をもたれたことが無い
などである。
「喪女」は、「もてない女性→も女→喪女」と変化していった言葉である。「喪」という言葉から連想される暗いイメージ、また喪女はネガティブ思考で自虐的な事が多く、基本的には根暗。

客観的に恋人がいなさそうな女性を「喪女」と名をつけて呼ぶ物もいる。たとえば、「オタク」「干物女」「ブサイク」「太った女性」等があてはまる。

Wikipediaより引用

悲しくなりますが、私も25歳までは喪女でございました。

なので喪女が主人公の漫画を読むのが好きで、よく色んなタイトルのものを読んでいます。

今日はそんな喪女系漫画の中でもオススメの作品を3つ紹介します!

この3作品を読み比べてもらえれば、喪女にも様々なタイプがいて、それぞれの強烈な個性が羨ましくなり、喪女も悪くねーじゃん!なんて思ってもらえること間違いなしですね。

それでは早速紹介していきましょう。

スポンサーリンク

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

略してわたモテと呼ばれている作品。

主人公の黒木智子(以下もこっち)は中二病を煩わせた、お世辞にも性格が良いと言える喪女ではないです。

だからこそもこっちがたまに人道的な事をすると好感度が上がるんです(笑)

高校一年生の頃はクラスでぼっち、友達もいなく一人浮いていました。

でももこっちの凄い所はそこで卑屈にならないところ!

自分は決してブスではない!むしろ目元を隠したら指名入るレベルの美少女じゃん!と言いながらネットでモテる格好などを検索し弟に披露。

弟に素で「うわ!すげーブス!!!…なんだ姉ちゃんか」なんて言われてもめげません。

もこっちの頭の中は常に下ネタとリア充批判、そしてどうすればモテるのかでいっぱいです。

コミックの前半は教室でゴキブリを踏み潰したり、授業中にスマホで卑猥な画像を調べていたら落としてクラス中にバレてしまったりと、ぼっち+変人街道まっしぐらなのですが学年が上がっていくにつれて変化が…!

修学旅行をきっかけにもこっちの周りに徐々に人が集まりだしたのです!

クセの強い子ばかりですが…それでも何か月も学校で誰とも会話していなかった高校1年生の頃に比べたらすごいことじゃないですか。

こじらせポジティブ系喪女のもこっちのすごいところは行動力があるところ!

気になったら即調べるしやってみる、大半は失敗に終わり恥をかいていますが稀に良い結果を生み出したりもしています。

そしてぼっち経験のある人は共感できるところがたっくさんあると思う…!

休み時間に寝て、授業始まったら起きる演技がどんどん上手くなったり、修学旅行がとてつもなく憂鬱だったり…

だからもこっちの行動力には尊敬するし、恥をかいているのを見ると胸が締め付けられる思いがするんです。

こじらせ系喪女に会いたくなったらぜひわたモテを読んでみてください!






腐女子のつづ井さん

つづ井さんは底ぬけに感情豊かな腐女子です!

喪女なのかはちょっと判断しかねますが、この漫画もとても面白いのです。

とにかく推しカプに対する熱量が尋常じゃありません、そして何より生きるのが不思議なくらい楽しい!!!と言えるくらいに充実した腐女子ライフを満喫しているのです!

なかなかにクレイジーな友達のMちゃんと共に熱い攻め受けトーク、

推しを側に感じたいあまりにグッズを自作、

推しキャラが本編で活躍し始めると行き場を失った女性ホルモンが暴走してしまうところなど…

はちゃめちゃに毎日を楽しんでいる…!

推しもここまで想ってもらえたら本望ですよ、この熱量を見習いたいよ!

そして腐女子のつづ井さんは言葉選びが面白いんです。

仕事でミスした時や、友達と喧嘩して落ち込んだときはこの漫画を読めばクスっとくること間違いなしです。

元気のない時はぜひ読んでもらいたい一冊ですね。






ブスに花束を。

喪女系漫画でキュンキュンしたい人に断然オススメの漫画!

主人公の田端 花はネガティブ思考のボッチ喪女女子高生。

そんな花が、美化委員の仕事で朝早くに教室の花を差し替えてヒロイン気分に浸って浮かれているところをクラス一のイケメン・陽介に見られてしまいます。

陽介はクラス一のイケメンの他に性格がめっちゃ良いんですよ。

ちょっと天然が入っていて、誰にでも分け隔てなく優しく接してくれます。

花のことも喪女だから、ブスだからと言って邪険に扱ったりしない。

そんな陽介の優しい言葉が花の心を奪っていきます。

優しい言葉をかけられ勘違いしそうになると、自分の頬を思い切りビンタして冷静になろうとする花が愛らしくてもう…!

この恋の行方をめっちゃ応援したくなるし、ブスでも卑屈にならなくていいんだ…という希望も込められている漫画です。

最高の一冊なのでぜひ読んでみてください!






終わりに

いかがだったでしょうか?

今回は私が読んで面白い!と思った喪女系漫画のオススメ3選を紹介しました。

また面白い作品があれば紹介していきます。

ブスでも生きていけるんだ…!と元気を貰えた作品ばかりなのでぜひ読んでみてください。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

書籍紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
yamaokaをフォローする
ポーキンライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました