人手不足の会社を辞める方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、山岡とシャケです。

  • 会社辞めたいけど人手不足だしな…
  • 今辞めたら他の人に迷惑かけてしまう
  • せめて新人が入社するまでは我慢しよう

そう考えてなかなか退職まで踏み切れない方はいませんか?

その考えのままでは何年経っても仕事を辞めることはできません!

今すぐ勇気を出して退職の意思を伝えましょう!

なんて文章を打つ事は簡単ですが、実際問題なかなかそう上手くはいきませんよね。

辞めたいって伝えたら退職までの期間仕事しづらくなるよな…とか、仕事を教えてくれた先輩や上司に申し訳ない、とか様々なことを考えてしまいます。

特に仕事に真面目で、自分の中にため込んでストレスをうまく発散できない人ほどズルズルと退職を先延ばしにしてしまっていると思います。

だけどあなたの心はもうやりたくないって叫んでいるんですよね?

一度きりの人生でやりたくないことに時間を割き続けるのはもったいなくありませんか?

やりたくない仕事でもそこまで一生懸命できるなら、やりたい事は今までよりもっと一生懸命、そして楽しく熱中してできるんです。

そのためにも退職を決めたのなら先延ばしにしないで、早く現状を変えましょう。

いくら周りの環境が変わるのを待っても、そう簡単には変わりません。

自分自身が変化するのが一番手っ取り早いのです。


今回は私の体験談も含めて人手不足の会社を退職する方法をお伝えしていきます。



スポンサーリンク

先を越されたらそれがチャンス

辞めようと考えている間に他の人が何人も辞めていってしまって先を越されてしまう。

だから自分も辞めたいって言いづらくなってしまう、というよくあるパターンがありますよね。

私もそうでした、人手不足の中次々と先輩が退職していって、さすがにこの状況で仕事辞めるなんて言えないな…と思っていました。

だけどこの先を越されたパターンがあったおかげで無事に退職することを決めることができました。

きっかけは上司からの「山岡さんは辞めないよね?」という言葉でした。

この言葉を上司から聞けたらラッキーセブン!即「いや実は私も退職を考えています!」と切り出しましょう。

そこからは日々積み上げてきたシュミレーション通りに退職理由を伝え、退職日まで伝えます。

引き止めに合わないよう、この退職日もきっぱり伝えることが大事です。

わざわざ自分から上司に声をかけて、呼び出さなくていいのでこの先を越されたパターンはチャンスなんです。



嘘も方便!引き止められにくい退職理由を

バカ正直に今の仕事内容が辛い・人減関係が嫌だ・残業が多い・勤務時間が長いなどと伝えると会社側は改善案を出してきます。

下手に改善案を出されると、それじゃあそれで頑張ってみます…ってなるじゃないですか。

めっちゃ断わりにくいじゃないですか。

改善案出されたところで辞めたい気持ちは何一つ変わりません。

だからもうね、嘘をつきましょう。

親の介護・引っ越し・他の会社から声が掛かったなど検索すればそれらしい理由はたくさん出てくると思います。

私は上司と家が近所でしたが、引っ越すことを理由に伝えました。

全く引っ越す予定もないし、退職後に上司に会ってもそれはもう赤の他人となるので陰で何言われてもいいんです。

だってもう会社を辞めたのだから!

皆さんも自分が上司だったら、と考えて引き止められない退職理由を考えることをオススメします。


円満に辞めるなら2か月前から申告を

本来は2週間から一か月前に伝えればいいんですけど、引継ぎや有休消化もあると思うので一か月前だと遅いかもしれません。

人手不足な会社なのでギリギリで辞めることを伝えるとちょっと職場がピりつくかもしれないですよね。

それで辞めるまでの間気まずい思いをするのであれば2か月前には申告して、きっちり引継ぎを行い有休消化するのが円満退社に繋がって精神衛生上も少しはいいのかなって思います。

申告してからの二か月は長く感じますけど、私も歯をくいしばって頑張っておりますよ…!


最終手段は退職代行

どうしてもすぐ辞めたい、ブラック企業で何回申請しても辞めさせてもらえない…!

そういう方は最終手段、退職代行を使って辞めるのも手です。

退職代行とは3万~5万のお金を業者に払えば、出社しなくても即日会社を辞められるシステムです。

自分自身は会社と連絡を取らずに、全て業者が手続きを行ってくれますので気持ち的にも楽かと思います。

ただ注意点があります!

  • 詐欺の会社も存在する場合があるので、応募前にはレビューやクチコミなどを調べたりなどのリサーチを行ってください。

  • ほとんどの場合は即日退社できているようですが、稀に退職できない場合や上司の自宅凸があるようです。

このリスクを頭に入れて退職代行を頼むか考えてくださいね。

私の身近でも退職代行を使い辞めた子がいましたが、会社と連絡を取らずに辞めることができていましたよ。

どうしても辛い方はこの選択もぜひ視野に入れてみてください。

退職代行のお申し込みはコチラ

人手不足は会社の責任

最後になりますが、人手不足は会社の責任です。

あなたが胃薬を飲みながら、毎日必死になって人手不足を補おうとしなくていいんです。

辞めるのに、周りに負担が…なんて気負わなくていいんです。

人手不足をどうするか、それは会社の責任者が考える問題。

果たして環境が悪いのか、待遇が悪いのか、仕事内容が悪いのか…

それに会社というのは誰かがいなくなっても大抵の場合は仕事は回っていきます。

それで他の人に負担がいってその人も辞める…となっても、それは会社がどうにかすること。

あなたは、あなたの人生をこれからどうより良くするのかだけを考えましょう。


それではあなたのこれからの人生が楽しいものになるよう祈っています。

また次の記事でお会いしましょう。


メンタル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
yamaokaをフォローする
ポーキンライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました