頑張らない生き方を目指すのもいいんじゃない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

時折見かける「頑張らない生き方」というフレーズにすごく心が惹かれます。

惹かれる、ということは自分が憧れ、求めているということ。

なので今回は自分なりに頑張らない生き方とは何かをまとめていきます。

そしてどうすれば頑張らずに生きていけるのかも考えていきます。



スポンサーリンク

頑張り過ぎるとどうなるのか

やりたくない仕事をやり続ける、そして人間関係に悩みがあると、毎日毎日そのことばかりを考えてしまいますよね。

仕事が終わって家に帰っても、あと6時間後には眠って、朝起きて仕事に行かなきゃいけないのか…とか、休みの日になっても翌日の仕事の事を考えてしまって精神的に全然休むことができなかったり…

責任感の強い人ほど我慢してしまって、まだ大丈夫、まだ頑張れるなんて心を騙しながら仕事に励んでしまう。

そうやって我慢しながら仕事を続けていると、ストレスから心にも体にも異変が起こり始めます。

  • 頭痛・胃痛・吐き気などの症状が現れる
  • 夜眠るのが怖くなり、眠れない
  • 朝は布団から出られなくなる
  • 食欲が著しく増加・又は減少する
  • 事故や病気を望むようになる
  • 好きだった事に興味がなくなる
  • 些細な事でイライラする
  • 勝手に涙が出てきて止まらない
  • 不安な気持ちが常に付き纏い、何もやる気が起きない

どうでしょう、当てはまるものはありましたか?

3つ以上当てはまった方は要注意!

頑張り過ぎです!

私はこの状態に陥った時、本当に人生がつまらなくて生きている意味なんてものも分からずに、楽しそうに生きている人をひたすら妬みまくっていました。

このような間違った頑張りが自分の心に負荷を掛け、一度きりの人生を苦痛まみれにしてしまうのです。

社員=幸せとは限らない

そんなに辛い思いをしてその仕事にしがみつく理由はなんなのか?

それがやりたい仕事だから!という方もいると思います。

私の場合は正社員で、ここを辞めてしまったらもうまともな職に就けないんじゃないかという恐怖があったからでした。

自分自身はもう辞めたい、逃げ出したい気持ちでいっぱいなんです。

だけど家族からは

これくらいで負けるな!

もっと辛い思いをしている人はたくさん居る!

正社員で雇ってくれた有名企業を辞めたらもう良い会社には就職できなくなるよ!

と言われ続けました。

その結果、限界まで我慢した心はポッキリ折れ、5年以上続けた正社員を誰にも相談することなく辞めました。

正社員=安定=幸せの方程式が苦痛で堪らない。

好きな仕事に就いても正社員になった途端に苦痛に変わってしまう。

確かに正社員になれば毎月安定したお金が入ってきて、福利厚生もしっかりしていて、派遣や契約社員のように任期がきたらはい終了!っていうのが無いので将来性があります。

だけど私は、どうしてもそれが幸せだと思えないのです。

安定のために自分の心を殺して仕事をすることができない。

勝手に期待や責任を押し付けられ、少しでも理想から逸れれば勝手に見放される。

それで傷付いて、毎日を憂鬱な気持ちで過ごすのはもううんざり。

私には正社員=幸せの方程式は当てはまりません。

頑張ってしまう人ほど評価され、上に行きやすくなります。

その上に、尊敬できる人はいますか?

こうなりたいな!って思える人はいますか?


頑張らない=怠惰ではない

じゃあ頑張らないって具体的に何?と思う方もいるのではないでしょうか。

仕事を適当にやれ、とかサボってしまえ!とかそういう事ではありません。

自分は今頑張っている、という感覚が無く働く事を指しています。

好きな物事を夢中になってやっている時って、何時間費やしても疲れないし、苦痛になりませんよね。

その感覚を仕事にできて生きていきたいよねっていう事です。

好きな事を仕事にすると、残業も休日出勤も苦じゃないんです。

ちょっとくらい給料が安くても楽しいからそこまで不安にならないし。

むしろこれでお金もらっていいの?なんて気持ちにすらなります。

仕事に行くのが楽しみで堪らないんです。

私はリサイクルショップで楽器のメンテナンスをしていた時がその状態でした。

ギターの知識を身につける事も苦ではないし、メンテナンスを何本も、何時間もやっても全然苦じゃない。

とにかくめちゃくちゃ楽しい仕事でした。

自分自身は楽しんでやっているので残業なども苦ではなく、頑張っている感覚も全然無かったのですが、周りからは「頑張ってるね!よく働くね!」なんて言われたこともありました。

この感覚で生涯仕事を続けていけたら、それは間違いなく私の中では幸せな人生となるでしょう。

自分の心の声に従う

それじゃあどうやってそんな仕事を見つけるの?って疑問に思った方もいるでしょう。

自分の心の声に従って行動することが鍵になります。

やるか、やらないかの選択肢が目の前に現れた時に、それをやっている自分を想像してください。

その時に心がブワッと熱くなって、それをやっている自分の事をカッコイイ!と思えたら、それは絶対にやる合図です。

逆に暗い気持ちになったり、あまり気乗りしなければそれはやらない合図。

何事も始めてみることが大事だよ!という人もいるでしょう。

確かにその時気乗りしなくてもやってみたら楽しかった!っていう場合も多くあります。

とりあえずやってみてから、やっぱり心がしんどいなって思ったら辞めるというのももちろんアリだと思います。

とにかくもう自分の直感、感性で選ぶのもアリだなって思います。

その時の基準はそれをやって楽しめるかどうか。

私は仕事選びでついつい給料や通勤時間を重視して決めてしまい、よく失敗しているので…

ちなみに現在進行系で失敗中なので心の声に従って今年中に仕事辞めます。

28歳無職、凪のお暇と似ていますね。




人生は一度きり!

そうなの!一度きりなんですよ!

それにはこうするべき!なんていうものは存在しないんです。

だから頑張らないで生きるのが一番!というわけでもなく。

仕事が辛くてもしっかりとした企業に勤めて、働き続け、安定した生活を手に入れることが正解なんだ!っていう人がいるのも正しいことです。

一度きりの自分の人生、どんな生き方が自分に合っているのかを見つけるのがすごく大事。

誰かの意見に流されて我慢する人生よりも、心惹かれる言葉に出会い、それを実践する方がきっと良い人生を送れるのではないでしょうか。

自分の心が赴くままに生きている人に、私はなりたい。

それは我慢の過去を繰り返してきたからようやくハッキリそう思えるようになりました。

なので今がしんどい人、その今の経験は未来の自分の為になること間違いなしだから悲観し続けないで。

たくさん迷って失敗して、これだ!っていう自分なりの頑張らない生き方を見つけられますように。




メンタル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
yamaokaをフォローする
ポーキンライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました